マネジメントツール1

公園管理をめぐる要求が多様化する今日、限られた事業資源(人員、技術、予算等)を駆使し、管理目標を達成するには、マネジメント的視点・技術の導入、向上が求められています。管理運営情報の活用により、パークマネジメントを技術的に支援するツール開発を進めています。

公園管理情報システム

従来、紙媒体で管理されてきた公園日報や各種の維持管理地図を電子データとして管理し、可視化・構造化した情報を有効活用する仕組みを開発しています。GISとデータテーブル、帳票機能をシームレスに連携させたシステムにより、管理運営情報の入出力や分析を行っています。公園の特性や現場スタッフの操作スキルに応じて、最適なシステムを構築しています。

公園管理情報システム

サイクリカルな情報の活用と業務の実施

日々の管理運営情報の入力、蓄積したデータの分析・評価、次期計画への反映、計画の実施、管理実績の集約と報告など年間の公園管理の各フェーズにあわせ、情報の入出力・活用が行われます。情報の電子データ化により、情報活用の操作性や柔軟性の向上、情報量・精度の拡充、業務負担の軽減が進み、従来の業務サイクルのなかで、管理運営情報の有効活用が図られています。

サイクリカルな情報の活用と業務の実施

コメントは受け付けていません。