企業理念

今日もどこかの公園で

PMLの目指すもの

公園はたくさんの可能性を持った貴重な屋外空間です。公園はお気に入りの場所で思い思いの使い方を楽しめる場所です。
公園では、さまざまな人たちが、スポーツをしたり、遊んだり、自然に親しんだり、のんびりくつろいだり、お弁当を食べたり、おしゃべりをしたりして楽しんでいます。

公園ってどんなところ?

私たちは、公園を適切に管理運営することで、みなさんに公園での「豊かな時間」を提供することができると考えています。
日々の暮らしの中で身近に公園に親しんでいただくことで、自然環境を保全したり、健康づくりに役立てたり、子どもたちの教育や子育てに貢献したり、安全で安心な地域づくりに役立つような地域のコミュニティを深めたりすることにつながります。
私たちは、公園のコンサルティングを通じて、豊かな社会・明るい未来づくりに貢献します。

PMLの目指すもの

豊かな“公園の時間”を提供するために

私たちは、公園の管理運営のコンサルティングを行っています。
公園管理の主役は、市民のみなさん、行政のみなさん、指定管理者など公園管理者のみなさんです。
公園管理に係わるみなさんが「こんな公園にしたい。」という思いを実現するために、私たちは、これまでの実績をもとに、それぞれの公園の特徴に応じた適切な管理運営方法をアドバイスします。
また、そのために必要な手法(公園マネジメントシステム)やノウハウを用いて、実現に向けた取り組みをお手伝いします。

事業内容  業務実績

業務への取り組み姿勢

公園は―「つくる」から「つかう」時代―と言われ始めた平成19年12月に、適切な公園の管理運営を通じて、よりよい社会づくりに貢献するために、当社は創立いたしました。
当社スタッフは、都市計画や造園のコンサルタント、民間企業でのマネジメント経験者、ITシステム開発エンジニア、行政経験者などさまざまな経歴を持った人材で構成されています。これまでの建設コンサルタント業の枠にとらわれず、「社会が何を必要としているか?」をいう視点に立って、それぞれの得意分野を最大限発揮する姿勢で業務に取り組んでいます。
また、私たちの仕事が、豊かな社会づくりにつながっていることを信じています。

スタッフ紹介

コメントは受け付けていません。